トイレのつまり原因

基本的にトイレの排水管はS字に曲がっている為、そのカーブの箇所でつまりが起こりやすくなります。つまりの原因としては、トイレットペーパーや汚物のつまり、おしりふき、生理用品等本来トイレには流してはいけないものを流してしまった、節水の為に小レバーのみで流していたり、トイレタンクにペットボトル等を入れて流れる量を少なくしている場合、家そのものが古く、トイレの排水管に汚れや尿石が長年に渡って頑固なこびりつきとなって排水管が細くなってしまっている、等が挙げられます。

やはりつまりの原因で一番多いのはトイレットペーパーと汚物です。次に、流してはいけないものを流してしまった場合です。ティッシュペーパーもその一つで、トイレットペーパーと異なり水に溶けにくい為、おしりふきと同様につまりの原因になります。その時に水と一緒に流れたとしても、排水管で引っかかり、その後に流れてくる汚物等によって、結果、つまってしまうようです。流れたと言っても目に見えない部分でつまっていることがありますので、やはりペーパー類であってもトイレで流すのは避けた方が賢明でしょう。

極端に節水をしてもつまりの原因になることがあります。この場合も、流れたように見えても水量不足で排水管内ではつまっていた、ということがありますので便をした時はしっかり流すことも大切です。