つまりで困ったときは

トイレットペーパーや汚物のトイレのつまりの程度が軽い場合は、それほど頑固なつまりではない為、ラバーカップを使用したり、お湯と重曹を流してみると解決する場合があります。また、放っておくと自然に溶けたり、つまりがゆるくなって解消する可能性もあります。

そんなに悠長なことを言っていられる状況にない場合や、つまり原因がトイレットペーパーや汚物ではないとわかっている場合には、やはり専門の業者に依頼するのが一番早くて効率的な方法です。あるいは、長年の汚れの蓄積によって引き起こっている場合もありますので、一度高圧洗浄を依頼して綺麗にしておくのも長くトイレを使う為には良いかもしれません。
水道の修理会社に多い広告の一つにマグネットがあります。冷蔵庫等に貼っておいて、困った時にはここに連絡しようと決めておくと良いでしょう。もちろん二十四時間対応なのか対応エリアなのか等事前にチェックしておくとより安心して依頼することができますので、調べておく必要があります。トイレつまりはある日突然起こりますので、いざと言う時に焦って困らない為にも、どこの業者に頼むのが良いのかインターネットや電話帳で検索してある程度の概算を出しておくと良いでしょう。

トイレのつまり原因

基本的にトイレの排水管はS字に曲がっている為、そのカーブの箇所でつまりが起こりやすくなります。つまりの原因としては、トイレットペーパーや汚物のつまり、おしりふき、生理用品等本来トイレには流してはいけないものを流してしまった、節水の為に小レバーのみで流していたり、トイレタンクにペットボトル等を入れて流れる量を少なくしている場合、家そのものが古く、トイレの排水管に汚れや尿石が長年に渡って頑固なこびりつきとなって排水管が細くなってしまっている、等が挙げられます。

やはりつまりの原因で一番多いのはトイレットペーパーと汚物です。次に、流してはいけないものを流してしまった場合です。ティッシュペーパーもその一つで、トイレットペーパーと異なり水に溶けにくい為、おしりふきと同様につまりの原因になります。その時に水と一緒に流れたとしても、排水管で引っかかり、その後に流れてくる汚物等によって、結果、つまってしまうようです。流れたと言っても目に見えない部分でつまっていることがありますので、やはりペーパー類であってもトイレで流すのは避けた方が賢明でしょう。

極端に節水をしてもつまりの原因になることがあります。この場合も、流れたように見えても水量不足で排水管内ではつまっていた、ということがありますので便をした時はしっかり流すことも大切です。

トイレのつまり対処法

トイレのつまりは家庭、飲食店、会社、どこでも避けられない水回りのトラブルの1つです。トイレは毎日誰もが利用する場所ですから、少しの時間でも使えないと本当に不便でストレスに感じます。そんな時はみなさんどう対処されてますでしょうか。

突然、普段通りレバーを回して、あるいはボタンを押しても、水位が上がってきて流れない、溢れそうな勢いに、パニックになりそうになったことはありませんか。家庭用のトイレつまりであれば原因も特定しやすい為、単純な紙つまりや汚物つまりであれば、パカパカと吸い出すラバーカップ等ですぐに直る場合があります。しかしながら、頑固なつまりの場合や、飲食店においては、不特定多数の人が利用し、様々な要因でトラブルも多発しやすく簡単には直らないことが多くあります。しかも、飲食店の場合は営業に差し支える可能性もありますのですぐにでも直す必要が出てきます。

現代のトイレには、和式・洋式・小便器、手洗い付き・ハイタンク、フラッシュバルブ等、様々な様式があり、また種類もウォッシュレット、節水型等多岐に渡っており、ますます専門的に、複雑化してきています。一個人や、トイレ周りの知識がまったく無い人が簡単に直せないようになってきており、昨今のトイレのつまりに関して、やはりトイレトラブルのプロである業者に依頼することが一番早く確実な方法としてお勧めです。まずは、トイレのつまりの原因や対処方法を見てみましょう。